手羽先のデュエマ&シャドバBlog

デュエルマスターズやシャドウバースについて書きたいこと書きます

dq_0011.png

どうも、手羽先です。
今回もドラゴンクエストライバルズ(以下、ライバルズ)の記事を投稿しようと思います。

デッキ紹介シリーズ第2回目となる今回の記事では、実際にβテスト期間中に使用したデッキである武闘家<アリーナ>を用いたアグロアリーナの紹介をします。

第1回目の記事:ミッドレンジテリー編


ウォール・ブロック・テンションといったライバルズ独特のシステムについては、こちらの記事で解説してるのでよろしければご覧ください。
続きからどうぞ。


デッキレシピ

dq_0034.jpg

『アグロアリーナ』

2 x 《あしばらい》
2 x 《かくとうパンサー》
2 x 《ちからの指輪》
2 x 《おたけび》

2 x 《いたずらもぐら》
2 x 《おばけキャンドル》
2 x 《プチアーノン》

2 x 《どくろあらい》
2 x 《さそりばち》

2 x 《くさった死体》
2 x 《メーダ》
1 x 《わたぼう》

2 x 《おうごんのつめ》
2 x 《あやしいかげ》
2 x 《キラーピアス》
1 x 《アンルシア》


このデッキの特徴・回し方

デッキ内に豊富に存在する低コストカードを使い、とにかく相手リーダーを攻めるアグロ(速攻)系のデッキです。
4種類8枚の1コストユニットをメインに、《ちからの指輪》などのバフ、《あしばらい》や《おたけび》などの妨害カードを駆使してなるべく早めに勝負を決めにいきましょう。

また、通常アグロは早い代わりに手札が尽きやすいのが特徴ですが、このリーダーは《おてんば姫》(カードを2枚引く)という非常に強力なテンションスキルを持っているため、息切れを起こしにくいのが強力です。
どんどん手札を使っちゃいましょう。


ここで、抑えてほしいことがあります。
βテスト期間中、アリーナのデッキタイプの中でもっとも流行ったデッキと言えば、ズバリ「OTKアリーナ」でしょう。
OTKアリーナとは、アリーナの必殺技カードである《閃光烈火拳》というカードをフィニッシャーにしたOTK(ワンターンキル)デッキのことを指します。

閃光烈火拳
5 (必殺技)
・必殺技 5ダメージを与える このターン中 先に使ったカード1枚毎に 与えるダメージが2増える

アリーナの持つ「武術カード」という低コスト特技カードと、特技カードのコストを軽減する《ナイトフォックス》などを駆使して《閃光烈火拳》のダメージを増やし、一気に勝負を決めるこのデッキタイプはハマればとても強力でした。

しかし低コストカードの組み合わせが重要であるこのデッキは、シャドウバースでいうOTKエルフのような小難しさがあり、実際のβテスト期間中の対戦で上手くOTKアリーナを回せてる人はそこまで多くはなかったように感じました。
僕も回したことがありますが、中々操作が難しいデッキです。

また、デッキの仕組み上特技カード偏重になりがちなので、今回紹介するデッキでは強力なカードである《どくろあらい》や《おうごんのつめ》がOTKアリーナには採用されない、というのが少しもったいないと感じていました。

そこで、OTKの要素を排除し、より相手リーダーへの攻撃に特化した構築であるアグロアリーナを構築し回してみたところ、使いやすさもあり、かなりの好感触でした。

そのようなわけで、テスターの中では「アリーナ=OTK」という図が一般的なイメージだと思いますが、OTK以外のアリーナデッキも強い!ということをこの記事で主張したかったという話でした。


各カード解説

▼ 《カード名》をクリックでカードの画像とテキストが確認できます。
(画像はDQライバルズ カードリストさんからお借りしました。)

相手ユニットの攻撃力を下げたうえで「におうだち」(挑発・守護にあたる能力だが、前列にいないと発動しない)を崩すことができるのが強力。
0コストというところも地味に強く、縁の下の力持ち的な存在です。
OTKアリーナでも使われる1コストユニット。
武術カードとは「1ダメージを与える」「ユニット1体の位置を前後入れ替える」「カードを1枚引く」という能力を持つ3種類の1コスト特技トークンのことを指します。
入手できる武術カードはランダムですが、どれも腐ることが少ないカードなので、それらを1コストで手に入れるこのユニットは強いです。
1コストで攻撃力+2はアグロにはベストマッチ。
これを使いガンガン相手リーダーを攻めていきましょう。
非常に強力な特技
1コストのバウンスというのがとにかく強い。前列しか戻せないという制限はありますが、《あしばらい》に加え《かくとうパンサー》から手に入る前後入れ替えの武術カードもあることでバウンスしたいユニットを簡単に前列に出させることができるので、デメリットがデメリットとしてほとんど機能していません
正式サービス時にはおそらく修正されているかもしれません。
前述したとおりアリーナはテンションスキルが非常に強いため、テンションを溜めることは重要なアクションです。
このユニットはそんなデッキの動きとマッチしてるため強いです。
ライバルズ版《炎魔コウモリ》。
1/2/1というステータスに加え死亡時能力も嫌らしいユニット。
攻撃する度に攻撃力が上昇するため1コストの癖に相手からすれば放置できないユニット。
HPが3というところも○。
リーダー攻撃時限定で強くなれる切り込み隊長。
HPが高いのはやはり場持ちが良くていいことですね。
このデッキのフィニッシャー
速攻(突撃・疾走)を持っているため、終盤はこのカードとデッキに大量に搭載している1コスト以下のカードを駆使し相手リーダーを詰めていきましょう。
2コストの高打点の虫が突然ゲームを終わらせる様子は、まるでライバルズ版《リノセウス》

2コストの標準ステータスに加え能力も中々強力。
ユニットを残しながら攻めるのがアグロの勝ち筋なので、こちらのユニットを倒しにくる武器を破壊できるのはデッキと噛み合ってると思います。
前回の記事でも紹介した大好きカード。標準ステータスに加え強い能力を持ってるカードは良いですね。
ミッドレンジテリーと比べると、低コストとはいえこちらの特技カードもやや多めなことには注意。
とても強いレジェンドカード
両プレイヤーにカードを引くタイミングがありますが、ターン終了時であるため、こちらのターンから倒されにいかない限り得してる(多く引いてる)のは自分の方です
手札補充としても処理強要としても随一のユニット。
相手の場にユニットを出すというデメリットはありますが、終盤の詰めに使えば関係ないので、フィニッシャーとしての役割が持てます。
《ミイラおとこ》を出すことでウォール状態になりリーダーに攻撃できなくなる場合があることには注意。
攻撃力4という高めの打点を持ちながらステルス(隠れ身・潜伏)能力も持っている厄介なユニット。
ステルスに加えブロックシステムのおかげで処理されづらく、このユニット1枚で点数を稼ぎやすいです。
1枚で6点を出せる武器。
《ちからの指輪》と組み合わせれば1ターンに6点ダメージになり使い勝手が増します。
シャドウバースでいう《ツバキ》のようなユニット。
このデッキでは重めのコストですが、ユニット付きの実質確定除去は中々便利です。


このデッキの弱点

出したユニットをこまめに除去されると厳しいですね。
におうだちユニットは《あしばらい》や《おたけび》で対処できますが、リーダーの体力回復もきつかったと思います。


後書き

どうだったでしょうか。
思ったのですが、10月9日の生放送で多数のカードが調整された場合、この記事含めた今まで公開した記事やこれから公開したい記事がパーになってしまう可能性がありますね…。

残りは、以下のツイートで紹介してるミネア、ピサロのデッキの紹介をしていけたらいいなと思ってます。



正式サービス時、この記事がデッキ構築の参考になったら幸いです。
それでは、また。


(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rilatebasaki.blog.fc2.com/tb.php/77-68eb381f

手羽先

Author:手羽先
手羽先がデュエルマスターズやシャドウバースについて書きたいことあったら書いていこうかと思います。
昔はメイプルストーリーのことも書いてました。
このブログは過去に使っていたブログを再利用したものです。


QR